皆さん、今日は。昭和24年6月、大本本部の境内地・天恩郷の一角に、愛善婦人会
〔大本〕と、亀岡婦人会・睦み会の三団体が、1ヵ月の予定で農繁託児所を開設し
ました。
同年7月からは、林間保育所〔青空保育所とも〕として継続開設する。昭和25年4月
からは、仮園舎を建て亀岡保育園と改称し、保育を継続しました。まだ無認可の保
育園でした。
そして昭和26年3月1日、児童福祉法による保育施設として認可をうけ、4月1日から
定員180名の保育園としてスタートしました。
そして、『開園式』が行われたのが、昭和26年5月12日・・・。今から71年前の今日で
あったのです。
コロナ禍の昨今ですから、何の集いも行事も持ちませんが、困難のなか、色んな苦
労を乗り超え、この亀岡保育園をスタートさせた先輩諸氏の思いを、少しでも受け
止めさせて頂き、これからの日々の保育に、活かしていきたいと念じるものです。


先日年長さんたちが、各クラスで思い思いの「鯉幟」を描いていました。

大空に羽ばたいてくれたら嬉しいのに!! と思っていたその「鯉幟」た
ちは、残念ながら片平だったのです。さて、どうなるのかな?  と思ってい
ましたが、すっかり乾燥したようで、ナント、昨日から二階へ上がる階段
壁に、見事な鯉幟が展示されてます。

どうぞ、お楽しみ下さいませ。



P1500737.jpg




P1500740.jpg

先日から、年長さんたちは、「板飛び越え」の練習に入っています。
「板飛び越え」は竹馬や縄跳び等と同じく、年長さんが乗り超えなければ
いけない、恒例の秋の運動会でのプログラムの一つです。
自分の背丈よりも高い板の壁を、自力で飛び越えるのですから、テクニッ
クと共に、中々大変な努力が必要な競技です。
現時点では、先生の補助・手助けを頂きながら、頑張っていますが、今秋
までには、きっと全員が飛び越える事が出来るでしょう。

さて今日は、四月生まれのお友だちの、誕生会が開かれました。密をさけ
大ホールに集まる事無く、各クラスでの集いとなりましたが、開会に先立
ち、園長先生のご先達で、二階のご神前に向かって遥拝の形でのお礼拝が
ありました・・・。


写真は、板飛び越え練習と今日のお礼拝の模様です・・・。



P1500728.jpg



P1500730.jpg



P1500736.jpg




P1500733.jpg

昨日から、真夏のような感じさえする好天に恵まれています。朝晩はまだひんやりとする時もありますが、今週いっぱいは温かなお天気が続くようです。

園庭のポンポコ山・・・、復旧工事がすみ、勇姿を現しています。園児たちも大喜びで、山登りをしています。

そのポンポコ山前には、例年のごとく「鯉のぼり」が昨日からはためいています。
園児たちも、大歓びでお山に上がったり見上げたりしています。



176091830_3840206736097924_5284624745793241135_n.jpg



4月11日 大本本部亀岡保育園合同葬でお見送り

初代出口光平先生の後を継がれ、昭和56年に2代目園長となられ、平成12年迄の19年間、またその後も理事・会長として永年に亘り乳幼児教育に携わって来られた、出口 操さまが、4月892歳でご昇天になられた。

41113時から、亀岡保育園と大本本部の合同葬として、天恩郷・万祥殿を斎場にしめやかに発葬告別式が執行されました。


素晴らしい青空に恵まれ、ご自宅から斎場にお移りのおりは、永年勤められた亀岡保育園の園舎・園庭の市道を通って下さり、大勢の保育士たちもお見送りさせて頂きました。

 

天界でのみ幸はいを、皆さま方と共に心から祈念申し上げたいと思います。

今年もコロナ禍で、ご来賓をお招きしたり、保護者の皆さまにも賑やかしく
ご参列することも自粛願い、第71回目となる入園式は、各クラスにおいて、
入園の集いと言う形で質素に執行されました。

全館放送を通じて、園長先生からお祝いの言葉を述べるだけで、後は各教室で
担任の先生方にお任せする形で・・・。

是から、一年、二年、あるいは長いお子さんでしたら、五年、六年と在園しま
す。先生方も、お友だちも、みんな皆さんのご入園を心から歓迎します。
安心して、毎日元気に登園して下さいね・・・。

新しい年度がスタートしました。

4月1日には、恒例となった辞令の授与式がおこなわれ、各年代の責任者や
クラス担任等が確認されました。

本年度は、新入園児65名、継続園児271名の合計336名の天使たちと一緒に、
常勤職員35名、非常勤嘱託パート職員等52名、合計87名の先生方と共に保
育事業にあたらせて頂きます。

令和3年度も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
去る3月25日、第70回 卒園式が、厳粛に開催されました。新型コロナウィルス
感染症対応として、残念ながら昨年同様ご来賓への案内もせず、参観者も、各
ご家庭から一名のみで・・・とお願いし、若干縮小気味の式典ではありましたが
71名の卒園児たちは、何時もと変わらず、名前を呼ばれたら元気よく返事をし、
卒園証書を受け取りました。

園歌斉唱、卒園証書授与、そして園長式辞、理事長挨拶、卒園児保護者代表謝
辞等と続き、最後に「思い出のアルバム」や「卒園の歌」等大きな声で披露し
てくれました。
式後は各クラスで最後の集いを持ち、最後に全職員に見送られ、みんな笑顔で
巣立っていきました。

写真で、紹介させて頂きます。



卒園①.jpg



卒園②.jpg



卒園  園歌.jpg




卒園⑥.jpg


3月16日、職員研修会を持ちました。

大阪商業大学 原田禎夫准教授をお迎えし環境問題・・・、亀岡市が取り組むプラゴミ問題や

国連で進められているSDGs 持続可能な開発〔17項目〕等について学びました。

初めて知るプラゴミの実態や海洋汚染など・・・。写真や数字で紹介され、想像以上に地球

が病んでいることを実感しました。

今後、保育士のみならず園児たちとも、今の社会、これからの社会の有り様を、真剣に

みつめさせて頂きたいと、思いを新たにしました。

お話を聞くだけでなく、参加者が6グループにわかれ話し合うなど、実践を伴う良き学

びの時間となりました。


原田①.jpg



原田③.jpg


 

卒園記念品ともなる、マイ茶碗造りを体験した年長さんたち・・・。去る11日、一人
ひとりが造った世界でたった一つしかないマイ抹茶茶碗でお茶会を楽しみました。
キチンと正座をして、茶室にはいる時には両手をついてにじって入席・・・。

お床のお軸やお花を拝見し着席・・・。お菓子が運ばれ、理事長先生がお点前の順序
を紹介し、お菓子を頂戴します・・・と、まずは賞味。その後、自分たちの造ったお
茶碗に抹茶が、そしてお湯が注がれ茶筅をふる・・・。

それぞれに緊張した面持ちで、そして真剣な眼差しで、小一時間のお茶会を楽しみ
ました。

〔残念ながら、お点前中の写真が紹介出来ずごめんなさい〕



お茶会①.jpg



お茶会②.jpg




お茶会③.jpg

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ