11月 月次祭を執行 代表「玉串奉奠」も・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)
11月27日、11月の『月次祭』が執行され、年長さんたちがはじめて参拝・・・。
各クラスの代表が、「玉串奉奠〔たまぐし ほうてん〕を体験しました。

お祓いの儀式がすんだあと、斎主によって祝詞が奏上され、その後、斎主や
理事長の玉串奉奠に引き続き、各クラス代表たちが神前にすすみ玉串奉奠。
来月と新春2月の月次祭、合わせて三回参拝し、全員が玉串奉奠を体験する
予定です。

祭典後は理事長のお話しがあり、お土やお水を大切にする事、また食物を残さ
ないなど神さまのご恩恵を忘れない事、また人は一人では生きていけないのだ
から、人様や社会に役立つ人間になること、また「喜べば 喜びごとが喜んで 
喜び連れて 喜びに来る」と言う歌があるが、これをしっかり覚えて、明るい
前向きな気持ちで日々を過ごそう・・・と、教えて下さいました。


写真は、代表が「玉串」を受け取り、参拝者代表として神前に進み、玉串
奉奠をする模様です・・・。初めての体験でしたが、みんな美しい姿勢で、
とても上手に出来ました。



玉串受け取り.JPG



玉串奉奠.JPG



参拝者・園児.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kameho.info/mt/mt-tb.cgi/745

コメントする

2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ