すると、ふしぎなことには、いつとはなしに、小さい五色の玉ができあがって
きて、これが、六助の頭上に高く舞いはじめました。六助は、
「きっと神さまがおいでになったのだ」
と思い、いっしょうけんめい、
「まことに、神さま、ありがとうございます。しかし、私はどうなってもかまいません
から、助かるものなら、どうぞ、せがれをお助けください。どうぞ、せがれを・・・」
とさけびますと、玉はフワリフワリと飛んで、やせおとろえている一人息子の上に
きました。そして、花の穴から呼吸とともに溶け込んで、はいってしまいました。

つぎの日も、おなじ五色の玉が飛んできて、しらぬまに、こんどは病人の吸う
スープの中にとけこんで、ノドから腹の中へはいっていきました。

こんなことが、たびたびかさなって、ついには、医者からもサジをなげられていた
大病人は、だんだん元気づいて、日ならずして、まったくもとの身体になりました。



gosikino-tama.jpg




こうして、八兵衛も六助も、この村での生神さまのようにみんなからいわれて、
たがいになかよく神さまを第一にお祭りし、村人をいたわって、さかえてゆきました。

めでたし  めでたし。



hati-to-roku.jpg





さあ家中は大騒動で、今までホコリだらけにしていた神床を急に清めてお燈明を
あげるやら、他人にはピタ一文出すのもいやなくせに、十里も二十里もあるところ
から自動車で院長さんをお迎えするやら、あらゆるてだてをつくしましたが、
それらもなんのききめもなく、病気はだんだんおもくなって、ついには骨と
皮ばかりになってしまいました。

こうなると、さすがの六助も、ごはんもろくくろく食えないほどしょげて、いままでの
自分の心得のわるかったことをシミジミと悔い、神さまにたいしても、心の底から
おわびをし、村の人にも、心の底から好意をもって、なにくれとなく世話を
しはじめました。そして、もうけただけのお金は、惜しげもなく村のために
まきちらしました。

さあ、こんどは、村の人たちも、しだいに悪口をいわなくなったばかりでなく、
ひとりが、
「なんと、六助どんも、ちかごろはかわったもんだね」
といえば、もひとりが、
「人間もあれだけかわればかわるものか」
と感心するようになりました。



rokusuke.jpg

murabito.jpg


 



これはさておき、欲深の六助どんは、最初のあいだは金があるにまかせて、なにごとも
調子よくいっていましたが、れいの「ああ、いやだ」「ひとをバカにしている」という口ぐせと、
村人の悪口とがしだいに凝って、いつのまにやら、ひとつの灰色の玉ができあがりました。

この玉が、ある晩、どこからともなく飛んできて、六助さんの寝床の上の天井のあたりを
ブラついていました。そして、スキがあったら、六助さんの寝床の中へもぐりこもう
もぐりこもうとしているのでした。六助さんはビックリして、
「やい、バケモノ、おれの身体へ近寄ってみろ。こなみじんに打ちくだいてやるぞ」
と、口では大きなことをぃっていましたが、腹の中はビクビクで夜もろくに眠ることが
できませんでした。



hatibee 5.jpg





あるとき、玉がいいました。
「でも六助さん、私は、どうしたものか、あなたが好きでたまらないのです。
それだのに、あなたが私をおきらいになるのでしたら、いたしかたありません。
私は息子さんと仲よしになります」

その日から、今までひとなみはずれて丈夫であった六助さんの一人息子は、
急にねついてしまって、ウンウンとうなりはじめました。





はなしかわって、ある晩のこと、八兵衛さんのところへ、一人の美しいお姫さまが
たずねてきました。そして、もうしました。

姫「お爺さん、こんばんは。今日から、わたくしがあなたのご看護をいたします」

八兵衛さんは、不審そうな顔つきで、
八「はていっこう見なれぬ方じゃが、いったい、あなたはどなたでしたね」
姫「わたくしの名は、"コレハアリガタイ、 アア、ウレシイ" ともうします」
八「まるでわしの口ぐせのような名前だね」
姫「それはそのはずです。あなたがわたくしをつくったんですもの」
八「わしは、おまえさんみたいな人を生んだおぼえはないがね」
姫「いいえ、いいえ。わたくしはあなたの子にちがいありません。あなたの
口ぐせの"これはありがたい、ああ、うれしい"という言葉が凝りかたまって
できたわたくしなんですから」

こういって、いきなり座敷へあがりこんできて、おひめさまはいろいろと世話を
しはじめました。

お姫さまが背をなでてくださるたびに、急に熱もひき、食事もすすんで、
二、三日のうちに、全快してしまいました。



hatibee 3.jpg




すると、ふしぎや、お姫さまは、急に真っ赤な玉とかわって、ポイと八兵衛さんの口の中へ
飛び込んで、アッというまにグ、グゥーとノドを通って、腹の中へおさまってしまいました。
それから八兵衛さんは、みるみる若くなって、三十前後の男ざかりの姿となって、村の人を
おどろかせました。



hatibee 4.jpg




あるとき、八兵衛さんは、あまりはたらきすぎて、病気にかかりました。
村の人たちは、気のどくがって、つぎつぎにおみまいにまいりました。

村人「八兵衛どん、ちと、おかげんがわるいそうじゃのう。ちっとはよいほうかえ」
とたずねると、八兵衛は平気なもので、
「これは、ありがたい。ようたずねてきてくださった。ちと無理をしたもんだから、
くたびれがきたのだろう。しかし、今日は、おまえがたずねてきてくれたので、
もうなおるわい。ああ、うれしい」

こういうふうでしたから、村の人たちも、
「八兵衛さんは、いつ会っても気持ちのよい人じゃなあ」
と Aがいえば、Bは、「じっさい、あんなよい人は、めったにありゃしないな。
こんどの病気も、はやくなおるとよいがな」 Cも Dも、Eもくちをそろえて
「ほんに、そうじゃ。はやくよくなるようにみんなで、ここでお祈りをしよう」
と、よるとさわると、八兵衛さんのうわさばかりしていました。



hatibee to 2.jpg




ある村に、二人のかわり者のお爺さんがありました。

一人は八兵衛というて、まずしいその日ぐらしのお百姓さんであり、
いま一人は六助というて、お金持ちの隠居でした。

八兵衛さんは、わかいときから、どんなことにたいしても、「これはありがたい」
「ああ、うれしい」というくせがあり、六助さんは、その反対にちょっとしたことにも、
「ああ、いやだ」「ひとをバカにしている」という口ぐせがありました。




hatibeeto-rokusuke.jpg





イノシシとブタとが、あるところで出あいました。

イノシシ「おい、ブタ公、きさまは身体のつくりはおれとそっくりじゃが、おとなしいばかりで、
いっこう意気地のねえやろうじゃねえか」

ブタ「うん、まったくそうだ。おれももっと強くなりたいとおもうのだが、どうも強くなれぬ」

イノシシ「なれぬことがあるものか。おまえたちもおれといっしょに山に来て、すこし浩然の
気をやしないたまえ。だいたいおまえの生活はなんだい。のそりのそりと小さい小屋の中で、
イヌのくそまで食っていて、よいかげんに肥えたかとおもうと、コロリッところされてしまって、
人の口にいれられるとは、いったい、あんまりなさけなさすぎるのではないか」

ブタ「それでは、おれも発憤したから、よろしくたのむよ。ついては、おれが逃げてしまっては、
かずがたらぬというので、主人が不審がるから、おれが山へ行って修業してくるあいだ、
しばらく、おまえ、かわりにオリの中へはいっていてくれ」

そこで、はなしがまとまって、イノシシはオリの中へはいり、ブタは山へと遁走しました。

さて、数年たって、山へ行って修業したブタは、もうりっぱな一人前のイノシシ武者となって、
はるばるとこいしき人里へと帰ってきました。そして、オリのところへ行って、

「おい、兄弟、長いあいだ、きゅうくつなめをさしたね。おかげで、やっと一人前になって、
いま帰ったよ」とのぞきこみました。

こちらはイノシシ、ながいこと、せまいオリの中に飼われ、おとなしい連中ばかりといっしょに
いたため、とうとうほんもののブタになってしまっているのでした。

そこで、「おや、いまお帰りか。ところで、なんと、おまえさんの顔は、おそろしくすごくなったね。
それにまぁ、りっぱな牙まではえて」

「あっ、おまえの牙はどうした」

「こうしてここにいるあいだに、しらぬまになくなったんだよ。わしは、もう、山にうつるのは
いやになった。わしは、おまえさんのようにおそろしい姿は、見るのもいやだ」

「なんと、弱虫め。そんな意気地のねえことでどうする。さあ、約束どおり、
おまえとおれといれかわろう。おれはこのオリの中へはいって、みんなのやつを、
りっぱなイノシシにしこんでやるんだ」

そこで、二匹は、いれかわりになりましたが、そのご、しばらくたってから、いきおい
こんで帰ってきたイノシシは、またもとのブタとなり、こわごわ山へ帰ったブタは、
もとのイノシシになってしまいました。

なんでも、ちょとん〔猪豚〕のことでかわるものです。





inosisi to buta.jpg




かつらぎ ぼたえもん ・・・。

筆者である  「かつらぎ ぼたえもん」 とは、大本三代教主補・出口日出麿先生のことです。
明治30年12月28日、岡山県倉敷市で誕生・・・。 平成3年12月、綾部でご昇天になりました。

高等学校時代から、京都大学在学中にかけて、大学ノート20数冊に記した文章は、その後
「信仰覚書〔全8巻〕」 として、(株)天声社から発表され、また、「生きがいの探求」「生きがいの創造」
「生きがいの確信」の三冊は、講談社から「生きがいシリーズ」として発表されるなど、多大の感動と
反響を巻き起こしました。

「ぼたえもん童話集」は、若き日の著者が、同じく大学ノートに書き残していたもので
その数は、約30編にのぼります。

今日では、 (株)天声社にて、 6冊 〔11編収録〕が、画・でぐちみつぎ 氏で発売されています。

出口 瑞〔でぐち・みつぎ〕氏は、昭和33年2月11日生まれ。京都府立亀岡高校卒業。
嵯峨美術短期大学日本画グループ卒。同大学専攻科、総合美術研究所修了。
京展、京都日本画美術展等入選。札幌・京都等にて個展、グループ展、二人展、開催多数。
著者 かつらぎ ぼたえもん〔出口日出麿氏〕の孫にあたります。




botaemon.JPG






引き続き、『ぼたえもん童話集』から、 「猪と豚」 「八兵衛と六助」の二編をご紹介致します。
















〔地歌〕鞄の中から取りだした、金金光る金印、右手に構えた大鋏、
チャキ チャキ チャキといわせれぱ  決心したる権作も、二、三歩後へ
タジタジタジ。

爺=権作を追うように近寄って=「さあ、眼をあけないか」

=権作ちょっとあけて、おそろしさにまたつぐむ。爺さん笑いながら何か
口の中で呪文をとなえて、左手に持っている眼を権作の左右両眼の上に
かわるがわる押しつける。この時、大鋏は眼の上でチャキ チャキいわすだけ。
と、たちまちすでに眼の玉は取りかえられている=

権=キョロ キョロ あたりを見まわして=「あっ、見える 見える、すてきに見える。
何もかも黄金色じゃ・・・妙  妙、 これは妙・・・」と喜びまわる。

太郎松、次郎助、お千代もこのさまを見て、われさきにとあらそって、

次「お爺さん、うらには、"美人印"を入れてくだされ」

千「うらは左に"お金印"、 右に"美人印"」とつめ寄る。

爺「待て待て、順番だ  順番だ」

=と制しつつ、まえと同じようにして手術をしてやる。手術が終わるや、
各自それぞれに=

次「これは奇妙、山も川もなんという美しさだ。あっ、お千代のカボチャづらが
観音さまのように見えだした。 ーーどこもかしこもまるで夢のような美しさだ」

千「オホホホ、アハハハハ、まアなんでこんなにうれしいのだろう。アハハハハ、
ああうれしや、おもしろや」

太=片手で右の眼をふさぎ、左の眼だけをあけて見まわしながら =「馬の
クソまでが黄金の塊に見えるわい。そこらの小石はみな金貨や銀貨ばかりじゃ。
ーーおっと、こちらはこうすれば」=で、こんどは右の眼をひらいて=「お千代坊の
あばたづらまでが、弁天さまに見えるわい」

=と、お千代を見あげる。お千代、わざとらしく口をとがらす=

四人「おっと、がってん」

=と歌に合わせて身ぶりよろしく四人は踊りはじめる。

爺さんは手をうって拍子をとる=その歌

めでたや  めでたや  めでたやな   「美人印」で見るなれば
かぼちゃのおかかが観世音   梅干し婆アが弁財天
めでたや  めでたや  めでたやな   「笑い印」で見るなれば
雷さんは高笑い  閻魔も地蔵に見えてくる

めでたや  めでたや  めでたやな   「お金印」で見るなれば
馬のクソでも金の山   木の葉、草の葉、札の束

〔四人合唱、調子かわる〕

森の神さん ありがとう    森の爺さん ありがとう
鞄いっぱい眼を持って   明日も忘れずやって来な

=かくて四人は下手に、爺さんは上手にそれぞれ退場

                          ・・・幕・・・=



medamauri 3.jpg





爺「おいおい売り物にさわるなよ。これはそもそも生きた眼じゃぞ。
こんどこのたび森の神さまからご命令で、お前たちの眼と、この新しい
眼と取りかえてやるために、わしがはるばるここへやって来たのだ」

次「えっ、何だって?  眼を入れかえる?」

爺「そうだ」

権「バカバカしい、そんなことがーー」

太「できよう道理がない」

千「お爺さん、いくら神さまのご命令じゃて、親ゆずりの眼と、一銭五厘の
眼とをかえてもらう者はあるまいよ」

爺「しかし、これはおまえたちのために大変幸福になることなのだ。
おまえたちの半腐れのヤニだらけの眼ン玉と、この水晶の眼ン玉と
取りかえてみい。まるで世の中がかわったように見えるぜ。それに
この眼ン玉は、おまえたちのおのぞみどおりに、たとえばお金がほしい
と思うものは、"お金印の眼ン玉"を買いさえすれば、世界中のものが
みんなお金になるし、べっぴんがほしいと思うものは、"美人印"を買うて
はめれば、どんなすべたのかかあでも天下第一の美人に見えてくるし、
そのほか不幸つづきのものは"笑い印"と取りかえれば、おかしくておかしくて、
しょうがなくなるし、もしも、あんまり笑い上戸で腹が立ったことのない人間が
あるならば、"泣き印"をもとめさえすれば、なにを見ても泣いているように
見えてくる、という、しごく重宝便利な眼ン玉なんだ。
それに、わしは、おまえたちも知っているとおりの魔法でもって、ちっとも
痛くないようにその眼とこの眼とを取りかえてやるのじゃ」

権「そんなら、お爺さん、さっそくながら、わしに"お金印"を売ってくんなされ。
一番上等の"お金印"だよ。そして今ここで手術をしてくだされ」

太=小声で= 「あのお爺さんは魔法使いで、今まで1度もウソを言ったことは
ないからね」

次、千「きっと、ほんとだろう」



medamauri 2.jpg

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31