ぼたえもん童話集 『 種子物屋の店さき 』②

| コメント(0) | トラックバック(0)


一同「まるで、おまえさんは、神さまだね。われわれの運命をちゃんと知ってござるなんて」
小僧「おまえたちの運命は手にとるごとくわかっているわがはいにも、わがはい自身の
運命は、いっこうわからんので、よわっているのさ」
一同「なんと、上には上のあるもんですな」
小僧「もう、夜もふけたから、みんな、おやすみ。おまえたちも、それぞれによい畑に
まかれて、力いっぱい努力して、よい花を咲かし、よい実をこさえておくれ。わがはいも
これからいっしょうけんめいはたらいて、よい人間になるから・・・。では、おやすみ」
とあいさつして、小僧どのはそのままふとんの中へもぐりこんでしまいました。

一同は、はじめて自分たちの前途をきかされて、なんだか気がたって眠られぬ
ままに、また、小声でヒソヒソはなしだしました。

スイカ「なんと、皆のもの、聞いたか。今はこうおちぶれていても、先になったら、
おれがいちばんえらいんだそうだで。エヘン」
ナス「おい、先は先、今は今だ。そういばってもらうまいかい。おれだって、聞く
ところによれば、紫色の着物に紫頭巾でぼってりしたおなかをつき出して、
いい仙人になれるんだそうだからな、エヘン」
キュウリ「まぁ、おたがいに今からいばることはよそう。それよりは、いったい
われわれは実になってからどうなるんだろう」
スイカ「それは知れたことさ。人間さまに食われるんさ」
キュウリ「食われちゃ、痛いだろうね」
スイカ「そいつあいっぺん食われてみなくちゃ、ちょっとわからん。が、
とにかくだね、ようするにさ、すなわちその・・・人間に食われて、われわれが
人間になるんさね」
ナス「なるほど」
スイカ「ちぎる秋茄子か」
ナス「これちゃかすない」
キュウリ「してみるとだね。しまいのはては、われわれは人間になるんだね」
スイカ「まあ、いわば、そんなもんさ。しかし半分は糞というもんになって出るそうだ」
ナス「ああ、ここらではなしが落ちだよ」
一同「ウハハハハハハハ」





tanemonoya2.jpg


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kameho.info/mt/mt-tb.cgi/160

コメントする

2010年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アイテム

  • hati-to-roku.jpg
  • gosikino-tama.jpg
  • murabito.jpg
  • rokusuke.jpg
  • hatibee 5.jpg
  • hatibee 4.jpg
  • botaemon.JPG
  • hatibee 3.jpg
  • hatibee to 2.jpg
  • hatibeeto-rokusuke.jpg

このブログ記事について

このページは、出口眞人が2010年8月27日 14:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ぼたえもん童話集 『 種子物屋の店さき 』①」です。

次のブログ記事は「ぼたえもん童話集 『 三人それぞれ 』①」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。