ぼたえもん童話集 『 眼玉売り 』①

| コメント(0) | トラックバック(0)



                                         歌劇  =  一幕一場


                            ーー近くに山を望む 村はずれーー

〔地歌〕 むかしむかし 大昔、あの山越えてまだ向こう、も一つ向こうのまだ奥に、
ひとりの爺さん住んでいた。

白い衣を身にまとい、

=この時、爺さん舞台の上手より出てくる=  はだしで杖をば突きながら、
片手にさげた大鞄、爺さん村へやって来た。

野良から帰りの権作は、

=百姓権作出てくる= さてもふしぎなお爺さん、おまえはどこからやって来た。
してまたどこへ行くのです。

権作「お爺さん、えらいハイカラな鞄をさげてますね。いったい、その中には
何が入っているのです」

爺「わしは森からやって来たのだ。お金をもうけに来たのだ。眼玉を売りに
やって来たのだ。一つ買うてはくれまいかのう」

権作「なになに、眼玉をーー売りに来た?」

〔地歌〕権作眼玉をまるうして、両手を組んで見つめてる。爺さん平気で
鞄から、つまみ出したる大眼玉。

爺「なんとすてきな眼玉じゃろ。こいつが対で=と、二つ取り出し=
一銭五厘、もうそれいじょうは負けられないよ」

=この時すでに通りがかりの百姓太郎松、次郎助、お千代の三人、
両人のそばへ立ち寄っている=

太郎松=のぞきこんでだしぬけに=「それは安い、郵便はがきと
おんなじじゃ」

次郎助「ところで、お爺さん、いったい、この眼はなにになります?」

千代「なんぞの妙薬にでもなりますか?」

権「こりゃ吸い物にしたらよかんべい」

=といいながら、鞄の中から一つつまみあげる=



medamauri 1.jpg





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kameho.info/mt/mt-tb.cgi/164

コメントする

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アイテム

  • hati-to-roku.jpg
  • gosikino-tama.jpg
  • murabito.jpg
  • rokusuke.jpg
  • hatibee 5.jpg
  • hatibee 4.jpg
  • botaemon.JPG
  • hatibee 3.jpg
  • hatibee to 2.jpg
  • hatibeeto-rokusuke.jpg

このブログ記事について

このページは、出口眞人が2010年8月30日 10:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ぼたえもん童話集 『 三人それぞれ 』②」です。

次のブログ記事は「ぼたえもん童話集 『 眼玉売り 』②」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。