園庭〔体育倉庫〕の失火について〔お詫びとご報告〕

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は、亀岡保育園での "失火" について、お詫びとご報告を申し上げます。

昨晩、と言うより本日未明、丁度零時を数分回った時でしたが、私の携帯に電話が入り、「亀岡保育園の園庭倉庫が燃えているようだ!!」 ・・・と。

あわてて駆けつけると、すでに消防車数台も出動し、消火に当たっていました。実は、金曜日〔12日〕に "焼き芋" をした事はご報告していますが、その燃えかすを1ヵ所に集め、トタン板をかけておいてた。それを昨日〔15日〕の昼から、燃えかすではあるが肥料に使えるのでは? と思い、片付けるため袋に入れ、係の者が倉庫の中にしまったんだそうです。

被せているトタン板は冷たくなっていますし、勿論煙も種火のようなものも感じられないし、何より金土日月と3日余もたってますから、何の疑いもなく袋詰めにした。

体育遊具倉庫は鍵をかけていますから、中に人が入れる状態でなく、火元はその倉庫の中ですので、外部からの付け火〔不審火〕と言う事は考えられない。消防や警察もその "焼き芋" に使用したもみ殻等に、若干の火種が残されていたものと思える、と言う結果でありました。

現実的には、プレハブ倉庫〔4棟内〕だけの焼失で、直近の「かめっ子バス」駐車場や近隣の民家等への延焼等は全くなく、不幸中の幸いではありましたが、深夜の出来事でありましたため、ケアーハウス朝野さんや、近隣の皆さま方には本当にご迷惑またご心配をおかけ致しました事、心からお詫び申し上げます。

子どもたちにとっては、折角の楽しい思い出として残る "焼き芋" 行事の後だけに、大人の側の不注意からこんな状況を生み出し大変申し訳なく思っています。ただ、今となっては致し方ない事ですし、この "失火" と言う事実を、神さまからの何らかのお気づけかもと真摯に受け止め、今後の防災・防火学習への、一層の心得と肝に銘じたいと存じます。

亀岡消防署の皆さま、亀岡警察の皆さま、地元の消防団ご関係の皆々さま方に心から御礼を申し上げ、また近隣の皆さま・ご関係の皆々さまに、お詫びと御礼を申し上げます。今後は充分気をつけさせて頂きたいと思います。

            平成221116

                         社会福祉法人愛善信光会亀岡保育園理事長  口 眞

                                        亀岡保育園 園    

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kameho.info/mt/mt-tb.cgi/239

コメントする

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ