生憎のお湿り日となりましたが、1月23日〔土曜日〕、ガレリア亀岡・コンベンション
ホールを会場に、第37回 音楽発表会が無事盛大に開催されました。

新型コロナウィルス感染症の、緊急事態宣言が発令されている現時点で、会場も中々決
まらず心配しましたが、最終的には予定通りガレリア亀岡の大きな舞台で実施する事が
でき、園児たちにとっても、大きな良き思い出になった事と思います。
ただ保護者の皆さまには、ご家庭から1名のみの参観をお願いする事になり、例年です
と両親祖父母等も、声援に駆けつけておられたのに、それは叶わずご迷惑をおかけしま
した。
受付も時間割を詳細正確にし、出来るだけ密にならぬよう、また会場〔席次〕も年代毎
に総入れ替えし、合間に全座席を消毒するなど、色々と大変な運営となりました。

9時10分、ぱんだ組の「森のおふろ」から演技が始まりました。うさぎ・たぬき・ぞう
さんたちが、森のお風呂をみつけ、身体をあっため洗うのですが背中が洗えず、最後は
みんなで一列になって、相手の背中をごしごしと洗い、みんなで暖まりました。
こばと組は、「くいしんぼうのアリさん」でした。19匹のアリさんたちが、リンゴや
おむすび、お肉をみつけて、パクパクパクパク、お腹一杯になりお散歩に出かけます。
こりす組は、「てぶくろ」・・・。おじいさんが落としていった片方の手袋・・・。早足う
さぎさんや、きつね、おおかみさんたちが、あったかくて幸せと、みんなで仲良く手
袋に入るのです。こわいおおかみさんも、仲良く一緒に・・・。

以上の、乳児さんたちの演技のあとは、年少組が、歌「そうだったらいいのにな」合
奏「楽器遊びの歌」・・・。年中さんは、歌「おひさまになりたい」ハーモニカ「キラキ
ラ星」、合奏「歌のけいこ」・・・。年長たちは、歌「ありがとうの花」、鍵盤ハーモニ
カ「メリーさんの未」、合奏「聖なる勇士はかえりぬ」・・・でした。
特に年長さんの「ありがとうの花」は、手話を交えての奇麗な歌声で、感動的でした。

以上、無事に終了出来ましたが、0歳、一歳児さんたちは、来たる28日に、当園二階
ホールで、音楽発表会に臨みます・・・。

23日のガレリア亀岡での模様を、以下、写真で紹介します。



P1500474.jpg



P1500493.jpg



P1500452.jpg



P1500457.jpg




P1500462.jpg




P1500497.jpg

厳寒の日々が続いていますが今日は見事な青空!! 気持ち良い1日となりました。

新型コロナウィルス感染症騒動で、本当にかしましい昨今ですが、当園第37回となる
『音楽発表会』が、来たる1月23日〔土〕と28日〔木〕に、ガレリアかめおかと当園
2階ホールを会場に開催されます。

例年ですと、乳児さんから年長さんまで、ガレリアかめおかコンベンションホールの
大舞台で、大勢の参観者を得て開催されるのですが、今年は残念ながら2歳児〜年長組
はガレリアで、ご家族〔参観者〕1名のみ・・・、そして演技もクラス毎〔年代毎〕に、
その都度入れ替えをして、勿論三密をさけ、マスク着用や検温等々、色々の制約を課し
つつの執行となります〔保護者の皆さまへは、執行要項詳細を配布すみ〕。

そして、0・1歳児のお友だちは、園舎 2階のホールを会場に同様の執行体制で演技披露
することになりました。

1日も早い、感染症の終息を願いながら、それでもガレリアの大舞台で、縮小気味な
がら開催出来ます事を喜びながら、当日を迎えさせて頂きたいと思います。

保護者の皆さまには、色々とご面倒をおかけしますが、主旨ご理解ご協力下さいまして
思い出に残る「音楽発表会」となりますよう、宜しくお願い申し上げます。



P1500434.jpg




P1500436.jpg




P1500439.jpg

 
富山や新潟など、豪雪地域の皆さまには、心からお見舞い申し上げます。

一晩中降り続き、何時間雪かきしても、後から後から積もって行くのだと・・・。
また高速道路等でも30時間余も閉じ込められた。ようやく自衛隊等の援助・救助で
抜け出す事が出来ましたと・・・。本当にご苦労様だなぁ、気の毒なことだなぁと、ニ
ュース等を拝見しています。

そんな中、当地でも今朝早くから降雪が見られました。今年になって、3回目かな?
と言っても、積もる程ではありません。人家の屋根や畑・田圃等は真っ白になって
いますが・・・。

園庭では、元気な園児たちが、かき集めて雪だるまを作ったり、ソリのようにお友
だちを乗せてひっぱったり雪合戦をしたり・・・。思い思いに楽しんでいます。

大難を小難に小難を無難にと念じつつ、今日も1日穏やかに過ごせますように!!




P1500430.jpg




P1500431.jpg




P1500433.jpg

辛丑・令和3年の新春を迎えました。
皆さま、新年明けましておめでとうございます。この年も、相変わりまして、どうぞ
よろしくお願い申し上げます。
年末年始も、新型コロナウィルス禍で、かしましい日々でした。1日も早い終息をと
願うばかりです。
今朝、大本本部・万祥殿南庭の梅の木を見ますと、梅の花が、二分咲き三分咲きかな?
すでに、沢山花をつけているのに気づきました。厳寒の日々ですが、自然は間違いなく
春直前だな? ! と、嬉しく微笑ましく思ったものでした。

さて園では、今日から新しい期がスタートしました。園児たちも元気に登園・・・。
友だちと仲良く園庭や教室で、楽しい時間を過ごしています。

年少・中・長さんの所には、威勢のよい太鼓の響きとともに、今朝は珍しい、獅子舞
がやって来ました。ガブリと頭を噛んでもらったら、無病息災、1年間元気に過ごせ
るぞと、先生からお話は聞いてるものの、いざ、ごっつい顔で目の前に現れるとチト
ひるむ児も・・・。でも、楽しい時間を、ワイワイガヤガヤと、みんなで共有させて頂き
ました。

どうぞ、皆さま、今年も宜しくお願い致します。風邪等召されぬよう、健康第一で良き
日々を重ねさせて頂きましょう・・・。



P1500418.jpg




P1500412.jpg

令和 ・・・ビューティフル ハーモニー 美しい調和・・・ と言う改元二年目の今年は、新型
コロナウィルス感染症騒動で、何となく不調和的世界を体験させられたのではないでしょ 
うか? 今なお、今度はさらに強力な、変異種ウィルスなどとの報道も・・・。
来たる新年〔令和3年〕こそ、穏やかな、明るい話題満載の年となりますよう、皆々さまと
ともに、大神さまのご守護が頂けますよう、祈念申し上げたいと思います。

明日からのお正月休暇を迎えるにあたり、今日は、冬休み前の集いを持たせて頂きました。
例年ですと、大ホールに全員が集い、神前礼拝の後、ご挨拶を頂いたり、注意事項を伝達し
たりするのですが、今日は園長先達の祝詞も各教室から遥拝・・・。注意事項は、梅垣先生が
マイク放送を通じて行うなど、密をさけ、各教室毎の集いとなりました。

明日から来月4日まで、お正月休みとなります。ご家庭におかれましては、普段と変わらぬ
よう、早寝早起き朝ご飯はもとより、交通事故や特に感染症対策等も万全を期して、充実し
た健康な日々をお過ごし下さいますよう、心から祈念申し上げます。
そして新年5日〔火曜日〕には、みんなの元気なお顔が見られますよう、楽しみにお待ちし
てます。

それでは保護者の皆さま、ご関係の皆さま、どうぞ良い年末年始をお過ごし下さいませ。
1年間、本当にありがとうございました。



今日は、「月次祭」を執行・・・。

今年はほぼ一年中、新型コロナウィルス感染症騒動で、本当にかしましい一年となり
ました。亀岡市でも、このところの報道によると、70名もの感染症者があるとか?!
決して対岸の火災視は出来ない状況となっています。

お陰さまで当園では、園児職員共々、平穏に過ごさせて頂いており、有難い事です。
今日の「月次祭」でも、そんなこんなを思いながら、この1年間をふりかえりつつ、
ご守護賜ったナァと感謝の気持ちと、また新しい令和3年が、つつがなく穏やかな日
々を迎えさせて頂きたいと、そんな祈願をさせて頂いたところです。

まだ年内、保育は続きます。皆さまも、どうぞ良き年末年始をお過ごし下さいませ。



P1500395.jpg




P1500396.jpg




P1500400.jpg

もうすぐ25日がやってきますが、今日、亀岡保育園では一足早く「クリスマスの集い」が
開催されました。今年は、この新コロナ禍で、世界中の子どもたちが、サンタさんは来て
くれるのだろうか? と、心配しているようですが、大丈夫!! お約束通り亀岡保育園に
は来て下さいましたし、きっとお待ちになっている皆さんとこには、大きな袋にいっぱい
お土産〔プレゼント〕をかついでやって来ると思いますよ。

年長さんたちは、ホールに集いサンタさんの来るのを待っていました。集いの中で、年長
さんたちから、サンタさんへ出していた質問・・・、サンタさんは、冬場以外はどんな生活
してるの? とか、亀岡まではどうして移動して来たの?  等々にも、答えて貰い、大満足の
ようでした。
また年中さんたちは、年長のサンタさんとの集いが済んだ後ホールに移動し、サンタさん
からプレゼントを頂きました。
年少さんたちは各クラスで待ってると、もう一人のサンタさんがやってきて、プレゼント
を沢山頂きました。また、先生方3名による、ハンドベル演奏〔きよしこの夜〕もありま
したよ・・・。

三密をさけるためとて、以上のような分散・各クラス待機等々の措置をとって、また例年
と違い、保護者の参観もご遠慮頂くと言う、チト縮小方の集いでしたが、みんなはサンタ
さんにあえて、すっかり元気をもらったようです・・・。

以下写真で、今日の集いの様子を紹介します。



P1500373.jpg



P1500367.jpg




P1500375.jpg




P1500379.jpg



P1500380.jpg




P1500389.jpg




P1500391.jpg

師走も半ばを迎えました。園児たちは、音楽発表会にむけての「総練習」等に
取り組んでいます。
大分冷え込む毎日となりましたし、丑松山・愛宕山等の頂きには、昨日今日と
うっすら雪化粧です。予報では、京都南部〔平野部〕でも降雪の心配も・・・と
言うことでしたが、今の所、亀岡市内等ではその気配はなさそうです。でも、
何時降り出すかはわかんないほどの冷え込みです。

園児たちは、流石に元気で、園庭いっぱいを使って、ドッヂボールや竹馬や、
縄跳びなど、思い思いに身体を動かし、遊びを楽しんでいます。
国内各地で新型コロナウィルス感染症騒動で大変ですが、みんな元気にこの冬
も乗り切って欲しいものです。

さて『試練から何を学び取り、今後どのような生き方を目指していくべきか』
そんな事をテーマに執筆されたと言う 『リト』〔山元加津子著・モナ森出版〕
に出会った。
村上和雄〔筑波大名誉教授〕推薦著で、"コロナウィルスの流行は、サムシング
・グレートからの大切なメッセージ"  との、寄せ書きも掲載されている・・・。
一気に読み終え、今のこの時節、色々と考えさせられる名著であった。



P1500359.jpg




P1500357.jpg




P1500361.jpg




P1500364.jpg

寒い朝でしたが、園庭では縄跳びやドッヂボール、かけっこなど、みんな元気に
取り組んでいます。

音楽発表会にむけての練習が、各クラス毎に始まっていますが、今日は二階ホール
にて、年中さんたちのお稽古風景を覗いてみました。

ハーモニカをもって真っ直ぐ、背筋を伸ばしてならび、先生の指示通り、おへそのと
こに両手をきちんと揃え、指揮によってハーモニカを口に・・・。何時のまにか、ドレミ
ファソラシドと、みんな覚えていたようです。

頑張って、素晴らしい「音楽発表会」を、みんなで作り上げて欲しいと願います。



P1500353.jpg





P1500337.jpg




P1500354.jpg

寺内先生の、絵画公開授業が開かれました。

まず、「しあわせなふくろう」と題した、先生手画きのスライドをみんなで鑑賞。
2羽のフクロウが仲良く、人家近くや森で過ごしている。 一方、他の鳥たちは
食事を奪い合ったり、食後には喧嘩をしたり・・・。
しかしフクロウは、雪のふる寒い日も、身体を寄せ合い揃って幸せな日々を送る。

そんなフクロウの生き方について、お話を聞きながらスライドをみて、その後は
ホールいっぱいに拡がり、自由に思い思いのフクロウを描く事に・・・。

みんな立派な出来映えです。最後まで楽しそうに、他のクラスの先生方も参観に
訪れる中を、一生懸命に自分の頭の中のフクロウを描いていました。



P1500325.jpg



P1500326.jpg




P1500335.jpg



P1500327.jpg



P1500328.jpg




P1500333.jpg




P1500334.jpg

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ