亀岡保育園では、毎月1度「月次祭〔つきなみさい〕」が執行されます。園児や保育士
関係者等々、安全で無事に、仕合わせな日々が送れますように・・・と、大神さまに感謝
また祈願を申し上げる祭典です。
普段は、園長・関係者のみで行っていますが、年長さんたちは昨秋に続き、二度目最後
の月次祭〔19日執行〕に参拝し、代表が玉串奉奠等などさせて頂きました。

今回は、祭員の入退場や、玉串奉奠の折に奏でる「八雲琴〔大本の祭典のみに奏じられ
る二弦琴〕」の演奏も入っての厳かな祭典〔写真で紹介〕でした。

きちんと正座して、伶人〔八雲琴を奏でる女性祭員〕入場の後お琴が弾じられ、斎主・
祭員の入場を待ちます。みんな、良い姿勢です・・・。

祓戸の大神さまのご降神を願い、お祓い〔修祓〕を受けた後、斎主が月次祭祝詞また誕
生祭祝詞を奏上、その後、斎主・理事長等の玉串奉奠に続き、三クラスの代表〔各15名〕
が祭員から玉串を受け取り、神前にすすみ玉串奉奠をしました。

祭典後は、理事長の挨拶〔お話し〕等がありましたが、4〜50分余りの祭典にもかかわ
らず、最後までみんな静かに、参加してくれました・・・。



P1470429.jpg




P1470432.jpg




P1470436.jpg




P1470439.jpg

保護者会から園児たちへのプレゼントとして去る2月12日〔火曜日〕、大道芸人として
活躍中の『ジーニーさん』を迎えて、二階ホールを会場に、楽しいパフォーマンスが
展開されました。保護者の皆さんも、沢山お運び下さり、一緒に色んな芸を楽しませて
頂きました。

『ジーニーさん』は、昭和58年の暮れにデビューしたのだと・・・。オーダーメイドで製作
したと言う大きな特製のカバンを持って、移動は電車で行っているのだと・・・。
でっぷりと肥えた体格〔笑〕ですが、手先の器用さ、柔らかい身のこなし・・・、さすがに
訓練の賜物だなぁと思える、見事な芸の数々でした。
以下のアドレスで、『ジーニーさん』の芸をご覧頂けます。ご興味お持ちの方は、どうぞ
ご覧になって下さい。
ちようど当日は、月釜・自由参観日でもあり、ショウの後に、保護者会役員のみんなと、
お茶室にもお入り頂き、懇親を深めさせて頂きました。『ジーニーさん』の益々のご活躍
を心から祈念申し上げます。

保護者会の皆さま、ありがとうございました。




P1470408.jpg




P1470400.jpg




P1470416.jpg

「かめっ子」とは、月釜などをすすめるために茶の湯のお稽古をしている、保育士たち
の集い・・・。現職・退職者等、14〜5名で構成されている。
毎月1回、先生を招いてお稽古をし、また毎月の月釜等で、お薄の接待等実践を行って
いる。

そんな「かめっ子」の、年の始めのお稽古会『初釜』が、去る2月9日、会長宅のお茶室
等を会場に開催された。

それそれが、初墨点前や後炭点前、お濃茶・お薄の担当等と役割を決めて、また食事も
あるので、季節のもの〔フキノトウとか〕も別に準備し加え、お客さんになったり、も
てなす側になったりと、真剣に、また和気藹々と、楽しい時間を持つ事が出来ました。

新園舎に移ってからの30有余年、こうして月釜〔園児・保護者へのお薄の接待〕等が出来
るのも、理解ある現職や退職保育士たちのお力添えのお陰だとしみじみ思うところです。
益々、精進下さらんことを・・・。



IMG_7522.jpg




IMG_7539.jpg




IMG_7525.jpg




IMG_7508.jpg




IMG_7559.jpg




IMG_7583.jpg




IMG_7553.jpg

心配されたお天気も、午前中は大きく崩れる事もなく、第35回目となる音楽発表会が
1月26日〔土曜日〕、ガレリア亀岡を会場に盛大に開催されました。

池田先生のご指導のもと、35回〔35年〕と言う歴史を重ねさせて頂く事が出来ました。
大勢の保護者、ご家族ご関係者にお運び賜り、本当にありがとうございました。

乳児さんたちから、順次年齢を重ねて年長組まで、歌や遊戯や、器楽演奏等々、それぞ
れお稽古の成果を十分発揮し、みなさん上手に、一生懸命演じてくれました。

全部を紹介する事が出来ませんが、雰囲気を味わって下さいませ・・・。



IMG_7436.jpg



IMG_7440.jpg



IMG_7438.jpg



IMG_7447.jpg



IMG_7453.jpg



IMG_7470.jpg




IMG_7683.jpg

第35回 音楽発表会・・・。いよいよ今週末〔26日・土曜日〕に、ガレリア亀岡を
会場に開催されます。あっと言う間に、本番が近づいて来ました。

年明けからも、それぞれに一生懸命練習に取り組んでいます。当日は、きっと素
晴らしい成果を、披露してくれるものと思います。

ただ、心配なのがインフルエンザ・・・。全国的に流行っているようですが、当園
でも、ここ数日前から、ボチボチと罹患者が・・・。大事に至らねば良いがと、そ
ればかりを念じています。

ご家庭でも、うがいや手洗い、そして早寝早起き・健康第一を、是非お心がけ
下さいますように!!
全園児が、元気一杯で音楽発表会を迎えさせて頂きたいものです。




P1470385.jpg




P1470387.jpg

15日から、第四保育期が始まりました。

でも、5日は土曜日・・・。6日は消防出初め式等があり、また昨日は「七草粥」行事もあったので、園児全員が参加しての「新年の集い」は、今日〔18日〕に持たれました。

本園では9時半から、全員が二階ホールに集い、まずは園長先生のご先達でお礼拝・・・。この年も、元気に仲良く園生活が出来ますように、神さま、どうぞお守り下さいとお礼拝させて頂きました。

そして、元気よく園歌を唱和した後、理事長先生からご挨拶・・・。

また冬休み中のお約束が出来たかなと振り返ったり、お正月遊びとしての羽子板〔羽根つき〕やコマ廻しが紹介されました。

その後、お正月の歌や、お山の歌等を全員で元気よく歌い、新年の集いを終えました。

また、分園「あららぎ」でも、午前10時半から「新年の集い」が開催されました。

本園と同じように、冬休み中にお約束が守られたかなと振り返ったり、お正月遊びとしての羽子板やコマ廻し、また凧揚げなどが紹介されました。

本園でも分園でも、「新年の集い」終了間際に、勇ましく目出度い「獅子舞い」が登場・・・。会場を大いに湧かしました。

分園では、まだ充分に「獅子舞い」が理解されてないようで、怖がって逃げ回ったり、先生にしがみついたり・・・。賑やかな、平成31年のスタートとなりました。


P1470344.jpg



P1470348.jpg



P1470350.jpg



P1470351.jpg



P1470352.jpg



P1470356.jpg



P1470363.jpg



P1470367.jpg



P1470374.jpg

早いもので、アット言う間に一週間が過ぎました。7日は恒例の七草粥・・・。

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロが七草と言われる野草たち・・・。〔カブラや大根もありますが・・・〕

年長さんたちは、午前9時半に徒歩で出発・・・。午前10時過ぎから、大本みろく開館の大食堂で準備された、あつあつの七草粥をみんなで美味しく頂戴しました。

大本では40年余り前から、七草粥の振る舞いが始まりました。午前7時から、苑内の大食堂と春陽閣の二箇所が会場となって接待されますが、今では亀岡市民をはじめ、近隣の方々3千人余りが参加されるようです。

七草そのものは、職員の方々が手分けして、数日前から神饌田等に出かけ採取したもの。まさに自然の恵み・・・。七草がゆを食べる事によって、一年が健康体で過ごせると言われますが、園児たち全員が今年も美味しく頂戴する事が出来ました。

年長さんたちは、大本に出かけて頂きましたが、他の園児たちも、ご配慮を賜り園舎に運んで貰い頂戴しました・・・。ありがとうございました。

 

IMG_7302 13.43.11.jpg



IMG_7305.jpg 



IMG_7310.jpg

亀岡幼年消防クラブの一員として、当園も、亀岡市の消防出初め式に参加、元気よく「市中行進」を行いました。

午前915分、保護者に連れられ南郷公園に集まった年長さんたちは、福祉センターに移動し、他園〔市立・私立合わせて9園〕の園児たちと合流・・・。

午前10時半過ぎから、亀岡吹奏楽団の演奏に合わせて、大勢の市民が注視する中を、西友近くのクニッテル通りを元気よく行進・・・。

その後、幼年消防隊の後に続いた各町の消防団や、各種消防自動車等の行進を見学しました。

行進がすむとお濠側に移動・・・。全消防団の方々が、大きなクレーン車の指示〔合図〕に合わせて、一斉放水する様などを見学・・・。その見事な放水に感心させられました。

午前11時過ぎに全行事を終え、再び南郷公園に移動・・・。保護者のお迎えを受け行事を修了・解散となりました。寒い中での行事でしたが、みんな元気に格好良く行進出来ました。ご苦労さまでした。

 

 

写真は、南郷公園での集いの模様、市中行進や一斉放水の模様などです。


IMG_7235.jpg



IMG_7242.jpg



IMG_7261.jpg



IMG_7266.jpg



IMG_7278.jpg



IMG_7283.jpg



IMG_7298.jpg

新年明けましておめでとうございます。平成最後の年、己亥(つちのと・い)の元旦を、ご家族お揃いで、清々しくお迎えなられた事でしょう。

 60年に1度巡って来る「己亥〔きがい〕」の年・・・。この5月から今上陛下が退位なされ、新天皇が誕生すると言う歴史の大変換の年を迎えました。それに合わせて新しい元号も、4月早々に発表なるようです。皆々さまにとっても新しい世紀の素晴らしいスタートの年となりますよう心から祈念申し上げます。

去る12月22日、天皇誕生日にあたり陛下のご会見がありました。その模様をテレビで、或いは新聞紙上でご覧なった方もいましょうが、多くの国民が「日本に生まれて良かった」「日本人であって良かった」と改めて感じたようです。

 私ごとですが故郷・奄美大島は、昭和281225日に日本復帰しました。小学校に入学したばかりでしたが、四つの村〔小学校区〕を当時はまだ裸足で、小っちゃな日の丸を両手に、日本復帰万歳・日本復帰万歳!! と唱しながら、村人全員で行進した事を覚えています。

 そんな体験から私自身は、日の丸や国歌・君が代に、ことさら深い思いを持つものですが、この度の陛下のご会見では、奄美の日本復帰の事などにも触れられつつ、全世界の平和を臨まれている事がひしひしと伝わり、本当に有り難い事だなぁと拝見させて頂いたものでした。

 また平成15年11月15〜17日奄美をご訪問、「日本復帰50周年記念式典」にご臨席なされた陛下は、『復帰より 五十年〔いそとせ〕経るを 祝ひたる 式典に響く 島唄の声』 とお詠みになっておられます。

 奄美のみならず、沖縄や南洋の激戦地、また災害の被災地等を幾度も幾度も訪れ、被災者に心をお寄せなられる陛下のお姿に、心底敬意を表するものです。また皇后さまへのお気持ちも、まさに夫婦の鏡だなぁと目頭が熱くなりました。ご譲位後も健やかな日々をお重ねなられますよう、皆さまと共々ご祈念させて頂きましょう。

 さて全園児揃っての「新年の集い」は、1月8日に持ちました。6日は年長さんたち、幼年消防隊の一員として、亀岡市の「消防出初め式」に参加・・・。7日は大本での七草行事〔七草粥を頂く〕に参加しました。

今後も、3月の卒園式を目前に色んな行事が目白押し・・・。昔から1月はいぬ、2月は逃げる、3月は去る等とよく言われます。この年もまたあっと言う間に月日が経ちましょう。

そんな中にあっても、保護者の皆さま、そして在園児たちにとって素晴らしい日々を重ねる事が出来るよう、職員一同気を引き締めて日々の業務に取り組ませて頂きたいと思います。

この年も保護者の皆さま方には、「理事長のちょっと一言」を園だよりで執筆させて頂きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。〔出口眞人記〕

今日〔12月28日〕は「冬休み前の集い」を、本園・分苑共に持たせて頂きま
した。明日から9日間の「冬休み」に入ります。

大ホールに集合したみんなは、手遊び等のあと園長先生の先達でまずお礼拝。
世界中のお友だち〔子どもたち〕が、みんな幸せに過ごせるようにお守り下さ
いと、神さまにお祈りさせて頂きました。

その後、園長先生また理事長先生からご挨拶がありました。理事長先生は、
  『喜べば 喜びごとが喜んで 喜び連れて 喜びに来る』
と言う古歌を紹介・・・。
明るく素直に、喜び勇んで生活しよう・・・。この歌を覚えて下さい。新年の集い
の時にも、みんなで一緒に唱和しようと・・・。

その後、冬休み中の注意事項〔お約束〕として、早寝早起きに心がけよう、知
らない人について行ってはダメ、病気や事故に気をつけよう、お掃除などお家
の人のお手伝いをしよう・・・等々みんなで約束。また、十干十二支を紹介しなが
ら来年は亥年てあることなどを紹介・・・。

最後に、園歌やお山の歌、またお正月の歌等をみんなで大きな声で歌い、冬休
み前の集いを修了しました。

また引き続き、分園でも修了の集いが開催されました。
十干十二支のお話しや、冬休み中の注意事項、園長・理事長先生のお話、そし
て、園歌やお正月の歌等をみんなで歌い、修了しました。

来年は、1月5日から、第四保育期が始まります。5日は土曜日なので、変則的に
なりますが、6日〔日曜日〕は年長さんのみ、幼年消防隊の一員として、市の消
防出初め式参加・・・。7日は、大本の七草粥行事に参加、8日に、「新年の集い」
が持たれます。

それではみんな元気に、平成の年最後の年末年始をお過ごし下さいませ!!
そして、どうぞ良い年をお迎え下さいま・・・。



P1470323.jpg



P1470326.jpg



P1470335.jpg




P1470340.jpg

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別 アーカイブ